着物

羽織に近い

Tシャツやデニムパンツなど和柄の商品が好きな方にオススメのショップはこちらです!気になるならチェックしましょう!

和装の専門店で買える半纏は、お祭りの時にも使える人気商品。柄やサイズも豊富に揃っているから欲しいものが見つかります。

半纏のあれこれについてご紹介します

半纏は和服に分類される上着で江戸時代になってから庶民の間で着られるようになりました。丈は着物よりはるかに短く概ね腰のあたりまでしかなく羽織に近いものです。 18世紀以降の江戸時代から明治、大正、昭和の初期にかけてとくに男性の職人の間で着られることが多く、時にはこれが職人の正装であるとひろく認められていた時期もありました。 時代劇などでは植木職人や魚河岸などで働く男性や岡っ引きや火消などの多くが着用しているのを目にしてこともあると思います。 半纏の感じは他に、半天、袢纏などと書くこともあります。 また半纏には広袖半纏、角袖半纏、筒袖半纏などの種類もありますし、また職人さんが同じ店に所属しているのだとすぐに分かる様に印半纏などもありました。

日常で羽織っておしゃれに着て見ませんか

半纏の形は羽織に似ていることから、着様によってはとても和の雰囲気がでて、またビンテージ感もあり粋でおしゃれな着方もできるのではないでしょうか。 半纏の下には着物を着たり、職人や肉体労働者の多くは鯉口シャツなどで決めることが多いのだと思いますが、現代風にジーパンをはき、普通に上はポロシャツやTシャツなのでもカッコいいのではないでしょうか。 柄もとても凝ったものや素材も折りかたも凝ったものや個性的なものがあるでの、オンリーワンのファッションをした方にはうってつけのアイテムです。 また帯で腰を縛っておけばとても闊達でスマートな感じに見えますし、さらっと大きめのものを羽織ればとても粋な上着になることは間違いありません。 着方次第で楽しんでみませんか。

半纏の歴史

半纏は江戸時代から着用されていたと言われています。江戸時代の庶民は羽織を着ることを許されておらず、寒い冬の日には半纏を着ることで寒さを凌いでいました。現在でも祭りや料亭、職人等様々な人や場面で使われています。

詳細を見る

和柄の魅力

和柄は、日本独特のデザインであり、その美しさは世界からも高く評価されています。和柄を使用した日本独自の衣装も色々とあり、和服から、袴、着物など、和柄でしか表現出来ない美しいデザインがあります。

詳細を見る

ビッグイベント

成人式では、袴や振袖、スーツなど、それぞれ自分の好みに合わせた衣装を身にまとって出席します。振袖や袴は高いというイメージがありますが、レンタルサービスを利用すれば、手軽に身に付ける事が出来ます。

詳細を見る

オススメリンク

Designed by CSS.Design Sample